ABOUT US

倉敷酒津焼
かぶとやまがま兜山窯

岡本 孝明(二代目)

日本工芸会正会員

略歴
1938年 酒津焼兜山窯初代蕭一の次男として生まれる
1960年 岡山大学特設美術科卒業

 

愛知県窯業指導所にて研修

1961年 父蕭一と共に兜山窯にて作陶を始める
1964年 国画会展入選 以後新人賞2回受賞

 

日本工芸会中国支部展にて支部長賞受賞

岡山県美術展受賞 岡山天満屋にて初個展

1965年 日本民芸館展入選
1966年 日本工芸会中国支部展にて県知事賞受賞
1969年 日本工芸会中国支部展にて山陽新聞社賞受賞
1971年 日本工芸会中国支部展にて日本工芸会理事長賞受賞
1972年 岡山県美術展委嘱となる
1973年 日本工芸会支部奨励賞受賞

 

日本工芸会中国支部展にて日本工芸会理事長賞受賞

1975年 岡山香川工芸秀作展推薦出品
1977年 日本伝統工芸展入選 以後3回入選
1981年 備芸会展受賞 以後7回受賞
1984年 倉敷美術協会会長に推挙される

 

日本工芸会中国支部展にて岡山県知事賞受賞

1985年 田部美術館大賞「茶の湯の造形展」に入選 以後9回入選
1990年 日本工芸会正会員となる
1996年 岡山県美術展招待となる
1997年 田部美術館大賞「茶の湯の造形展」にて奨励賞受賞 以後4回受賞

 

岡山県美術展審査員となる

2000年 日本工芸会中国支部展にて奨励賞受賞
2002年 日本工芸会中国支部展審査員となる

 

日本工芸会中国支部展にて金重陶陽賞受賞

2008年 山陽新聞賞(文化功労)受賞

 

倉敷陶友会会長となる

2011年 倉敷文化連盟賞受賞