INFORMATION

倉敷酒津焼
かぶとやまがま兜山窯

とんでもない豪雨の後


本日、工房に何とかたどり着き状況を見てきました。

地面は川底になり、かなり荒れていましたが工房までは浸水していませんでした。ただ、工房の裏山の土を掘っていたところがかなり崩れていました。
大きな被害はなさそうで、むしろ土を掘る手間がかなり減ったのでは?とも思っていますが無事で何よりでした。
皆様にご心配頂いて大変ありがとうございました。

まだ川の水位が高く、路面も荒れて怖いので長時間仕事はできそうにありません。ちなみに作りかけの作品は乾いてしまい作り直しになりそうです。
明日にはもっと水が引いてくれると安心なんですが、様子をみながら少しづつやっていきます。

工房への道
裏山ギリギリの土砂崩れ