WORKS

倉敷酒津焼
かぶとやまがま兜山窯

棚板を綺麗にしたい。

知り合いの作家さんに頂いたカーボランダムの棚板。偶然だがほしかったサイズそのもの。ただ、かなりダメージがあるので綺麗にしたいと思い持っていた4枚と共に削る。グラインダーの石材用などを何枚か使い、流れた釉薬や古いコーティングを剥がして再コーティング。粉塵を吸いまくって少々息苦しいが綺麗になった。でもこの棚板は僕が使うのではなくまた別の知り合いが使う。自分のもこんなに綺麗にしたことはない。誰かのためと思うと出来ることもあるね。

めちゃ良くない?
ついでに棚の足も。こいつは手強かった。買った方が安い気もする。
取り切れていない釉薬が再び溶けて棚にひっつく事だけは避けたい。