WORKS

倉敷酒津焼
かぶとやまがま兜山窯

藁灰を乾かす。

なかなか乾かない。実は一度乾いていたのだけれど、粒子が荒すぎたのでもう一度水に溶かして濾しなおして乾燥のやり直し。半分は日向に出していたので何とか乾いたけれども、残りが乾かない。明日から雨みたいだし、早く乾かさないと釉薬が調合出来ず間に合わない。とは言え、調合しても天然素材なので調合した釉薬を一度テスト焼きしてからじゃないと使えない。その時の灰の状態によって溶け具合が違うのでテストは必要。いつになったら使えるのか。日頃からコツコツやらないと、いつも慌ててやってんだよね。しかも量も足りないかも。